田中クリニック

三木市末広の泌尿器科,内科 田中クリニック

〒673-0403 兵庫県三木市末広1丁目6-40
TEL 0794-83-7000

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

診療案内

こんな症状でお悩みではありませんか

・尿が出にくい

男性に多くみられる症状です。前立腺肥大症が最も考えられます。
前立腺は男性にだけある臓器で精液を産生しています。尿道を取り囲むようにあるため肥大すると尿が出にくくなります。検査は尿検査、超音波検査(前立腺の大きさ、残尿量の測定)尿流量測定を行います。前立腺がんの心配もある場合は採血(PSA)を行います。まずはお薬で治療してみます。薬の効果が不十分な場合は手術が必要ですので病院にご紹介します。
そのほかの病気では女性にもみられる神経因性膀胱が考えられます。検査は尿検査、超音波検査(残尿量の測定)、尿流量測定を行います。お薬で治療をします。

・尿の回数が多い、急に尿がしたくなる

男性にも女性にもみられる症状です。膀胱が過敏な働きをする過活動膀胱という病気が考えられます。
過活動膀胱は加齢、脳卒中の後遺症、男性の場合は前立腺肥大症が原因となって起こりますが、原因不明の場合も多くあります。40歳以上では12%の方に過活動膀胱の症状があるという調査もあります。検査は、問診、尿検査、超音波検査(前立腺の大きさ、残尿量の測定測定)、一回排尿量の測定などを行います。お薬による治療と行動療法(排尿記録の記載、膀胱訓練、食事内容の変更等)を行います。

・尿が漏れる

女性に多くみられる症状です。加齢やお産によって骨盤の筋肉がゆるむことで起こります。お薬や骨盤筋体操で治療をしますが、手術で完治する場合もあります。手術が有効な方には本人さんと相談し手術ができる病院をご紹介します。

・血液検査でPSAが高値だと言われた

PSA(前立腺特異抗原)が高値の場合は前立腺癌の可能性があります。最近前立腺癌が急増しているため、PSAが健康診断やかかりつけ医で測定されることが増えています。

 
前立腺がん罹患者数の将来予測


 

正常値は4以下ですが、4~10の間の場合は約20%、10以上になると約40%の確率で前立腺癌が発見されます。確定診断には前立腺の細胞を採取する前立腺生検が必要になります。まず直腸診、超音波検査を行い、前立腺生検が必要か検討します。生検が必要な場合は、当院で行うか、病院をご紹介するかご相談の上決めさせていただきます。

・血尿がある

血尿には大きく分けて2種類あります。腎臓から出る血尿と腎臓以外(尿管、膀胱等)から出る血尿があります。腎臓から出る血尿の場合は腎炎、高血圧等の内科的な病気が考えられます。腎臓以外から出る血尿の場合は膀胱炎、結石、癌(腎臓、膀胱、前立腺等)などの病気が考えられます。当院の尿自動分析装置は腎臓から出る血尿と腎臓以外から出る血尿を血球の形から迅速に判断します。その結果をから必要な検査(超音波検査、レントゲン検査、血液検査等)をさせていただきます。

・おねしょが治らない

5歳をすぎてもおねしょが続く場合を夜尿症といいます。夜尿症の原因は複雑です。尿量、膀胱容量、睡眠等のいろいろな原因が組み合わさって起こっています。検査は問診、尿検査、超音波検査(腎臓、膀胱の奇形の有無)尿量の測定(昼間、夜間)、夜尿日記の記載をしていただきます。夜尿症を起こしている主な原因をつきとめ治療を開始します。治療は小学生以下の場合は主に生活指導(規則正しい睡眠、塩分制限、飲水量の確認等)、小学生以上では生活指導と薬物療法、アラーム療法を行います。詳しくは夜尿症のお話をご覧ください。

・ED(勃起不全)である

EDの治療は内服薬での治療を行っています。当院では2~3種類のお薬を準備しています。自費診療となりますが、費用は初診時が4000円+薬代(薬は1錠1,000円~1,650円)、再診時は2,000円+薬代となります。